立憲民主党は25日、拉致問題対策本部(森裕子本部長)の総会を国会内で開き、北朝鮮による拉致被害者松木薫さん=失踪当時(26)=の弟信宏さんらから要望を聞き取った。枝野幸男代表は冒頭のあいさつで「党派に関係なく『オールジャパン』で力を発揮しなければいけない問題だ。そうした姿を北朝鮮に見せないと前進はできない」と強調した。

 国会内で開かれた立憲民主党拉致問題対策本部であいさつする枝野代表=25日午後

 松木さんも「党利党略抜きで協力し、家族を取り返してください」と訴えた。拉致被害者の家族が高齢化していることに触れ「(問題解決が)待っていられない状況になった」とも語った。(共同通信)