【名護】この時季、山々ではハゼノキ(ウルシ科)の紅葉が至る所で観察できる。方言名は地域によってハジャンギやハジャー、アザァーギィなどと呼ばれる。 ハゼノキは沖縄の山に自生し、紅葉する数少ない木。市内の二見三差路近くでは、樹高約3メートルの個体でも葉が赤く色づいている。