【東京】立憲民主党県連代表の屋良朝博衆院議員は25日、米軍那覇港湾施設(軍港)の浦添ふ頭への移設計画について「これから県連で検証作業に入る。容認と決まったわけではない」と述べ、県連としては白紙の状態だと強調した。国会内で記者団に述べた。