在沖米海兵隊は25日、米空軍嘉手納基地に建設していた格納庫や整備施設など新たな施設が完成したと発表した。陸海空軍との連携強化や最新鋭ステルス戦闘機F35Bの運用を想定しており、訓練が激化する可能性がある。沖縄防衛局は海兵隊の発表以外に情報がないとし「米側に追加的な情報提供を求めている」とした。