漫画家手塚治虫さんが少年期から約20年間暮らした兵庫県宝塚市で開催する市民映画祭で3日、手塚作品の「ばるぼら」を映画化した作品が上映された。監督を務めた治虫さんの長男、真さん(59)が舞台あいさつし「宝塚は父が漫画を書き始めた大事な場所で日本の漫画のルーツ。特別な思いです」と観客に語り掛けた。