沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍跡地から有害物質検出も、国の調査工期が4カ月延期 原因は?

2016年10月18日 05:00

 【北谷】米軍嘉手納基地跡地の北谷町上勢頭の宅地から有害物質が検出された問題で、沖縄防衛局の追加調査の工期が8月末日から12月末日に延期された理由は、ボーリング調査で見つかった綿状物質の分析が原因であることが17日、分かった。地権者や住民への早期説明を求めて沖縄防衛局を訪れた野国昌春町長に、中嶋浩一郎局長が明らかにした。

環境基準を超えるダイオキシンが検出された宅地=北谷町上勢頭

 防衛局によると、綿状物質は地中4メートル付近に混入されており、環境省のマニュアルに基づき分析した。中嶋局長は「アスベスト(石綿)のような危険物質ではなく、断熱材に使われるグラスファイバーに似ていると推定され、健康被害が生じるような物質ではないと聞いている」と説明した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS