「独り」をつないで ひきこもりの像

「必ず出口ある」20年間のひきこもりを脱した男性、転機は意外なところに

2020年11月27日 07:00有料

[「独り」をつないで ひきこもりの像] 反響 (上) 20年余のひきこもり期間を脱し、現在は介護施設でパート勤務する石川寿人さん(43)=沖縄県西原町=は、連載「『独り』をつないで-ひきこもりの像-」が始まって間もない昨年12月に本紙ウェブサイトへ思いを投稿した。「ドアを開ければ必ず出口はある」-。

ご意見をお寄せください

ひきこもり当事者や家族、支援に関わる方々の幅広いご意見や情報、疑問をお寄せください。こちらの入力フォームからアクセスするか、郵送は郵便番号900-8678、那覇市久茂地2の2の2「沖縄タイムス編集局社会部」宛て。ファクスは098(860)3483。

連載・コラム