福岡県は26日、同県宗像市の養鶏場で発生した鳥インフルエンザについて、国の遺伝子検査で「H5N8型」の高病原性と確認されたと発表した。香川県の養鶏場のほか、北海道や新潟、鹿児島両県で野鳥のふんなどから検出されたのもH5N8型だった。