【北京共同】中国安徽省馬鞍山市の中級人民法院(地裁)は26日までに、当局が拘束していた台湾の学者施正屏氏にスパイ罪で懲役4年を言い渡した。国務院(政府)台湾事務弁公室の報道官が25日、記者会見で明らかにした。台湾独立志向の蔡英文政権をけん制する狙いとみられる。 判決は24日付で、詳細な内容は不明。