ひきこもる本人や家族の窮状は深刻度を増している。本人は息を殺すように閉じこもり、親は周囲に話せず助けを求められない。偏見もあり、特に本人はとても肩身の狭い思いで苦しんでいる。 この心理は、第三者に理解しづらい。