衆院憲法審査会は26日、憲法改正手続きを定める国民投票法改正案の質疑を実施した。2018年6月の国会提出以降、実質審議は初めて。自民党は早期成立を主張し、公明、国民民主両党も同調した。日本維新の会は、質疑打ち切りと採決を求める動議を出す一方、立憲民主党は採決に慎重姿勢を示した。