共同通信 ニュース

原監督、オーナーにシーズン報告 日本シリーズ「全て劣っていた」

2020年11月27日 18:52

 巨人の原辰徳監督が27日、東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れ、山口寿一オーナーにシーズン終了を報告した。セ・リーグ2連覇を果たしたが、日本シリーズでは2年連続でソフトバンクに4連敗を喫し「連覇したのは喜びだが、最後に悔しい思いをしたというのはオーナーも同じお気持ち。全てにおいてわれわれは劣っていたということ」と語った。

 山口寿一オーナーにシーズン終了を報告し、取材に応じる巨人・原監督=27日、東京・大手町(代表撮影)

 来季が3年契約の3年目となる。「まずはやはりセ・リーグを勝つことが大事で(日本一は)そこから。先走ると足をすくわれる。(チームを)組み立て直す」とリーグ3連覇を目標に掲げた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム