故郷や民俗によせる随筆も印象的だが、数々の本との往還がとりわけ心に残る、著者初の散文集。