政府の新型コロナウイルス対策を検証した「新型コロナ対応・民間臨時調査会」は27日、小池百合子東京都知事へのインタビューを実施したと明らかにした。小池氏は「ロックダウン」(都市封鎖)の可能性に触れた自身の発言で緊急事態宣言の発令が遅れたとする政府内の意見に「驚いた。私のせいにするのはいかがなものか」と反論した。

 東京都の小池百合子知事=27日午後、東京都庁

 調査会のインタビューによると、小池氏はクラスター(感染者集団)やオーバーシュート(爆発的患者急増)などの言葉を含めて当初は知らず「都として判断するに当たって国の専門家会議の議論で出た言葉を引用したまでで、私の言葉というわけでは全くない」と説明した。(共同通信)