沖縄タイムス社(武富和彦社長)は、国連が提唱し、世界で共通して取り組む持続可能な開発目標SDGsに対し、達成までに残された2030年までの「行動の10年」を機に、報道、事業、社内改革を柱に取り組みを強化します。

MIRAIづくり

 戦後間もない1948年に創刊した沖縄タイムス社は「言論の自由」「文化社会の建設」「世界平和の確立」を社是に掲げ、報道はもとより、社会へ貢献するさまざまな事業を展開してきました。この理念はSDGsの考え方と共鳴するものです。

 SDGsの合言葉「誰ひとり取り残さない」という世界は、「健全な地球環境」「貧困や不平等のない社会」「生きがいと成長を感じる経済」の全てが調和し、世界中の人々が一緒に取り組まなければ実現できません。

 次の世代に平和で豊かな沖縄を引き継ぐためにも、「地球市民」として視野を広げ、ここ沖縄からSDGsを考え、実践し、発信するウチナーンチュの「MIRAIづくり」を応援し、自らも実践します。

 2020年11月28日 沖縄タイムス社

目標達成へ支援 Link-U

 沖縄タイムス社は28日、タイムスSDGsプロジェクト「MIRAIづくり」の一環で、自社クラウドファンディングLink-U(リンクユー)を活用した支援企画を始める。県内のSDGsに取り組む企業や団体、個人を対象に、目標達成に向けた「情報発信」から「資金調達」、連携を広げる「パートナーシップ構築」まで、取り組みを進めるステージに合わせた具体的な支援を提供する。(14面に特集)

 第1弾の取り組みとして、赤土流出防止に取り組むNPO法人おきなわグリーンネットワーク(西原隆理事長)が推進する「美ら海と赤土等を守るSDGsプロジェクト2020」を開始する。

 畑を植物で囲うグリーンベルト整備事業や、子どもたちの環境学習を通じて、SDGs目標(14)「海の豊かさを守ろう」(15)「陸の豊かさも守ろう」の達成を目指す。

 Link-U・SDGs支援企画では、沖縄タイムス公式YouTube内の「Link-U(リンクユー)ちゃんねる」でSDGsに関する情報を発信するほか、プロジェクト起案者同士の交流会や勉強会も開催する。

 問い合わせは、電話098(943)3221、沖縄タイムス社Link-U担当まで(平日午前10時~午後5時)。