中部空港(愛知県常滑市)で、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査センターの運用を30日から始めるのを前に、開所セレモニーと内覧会が28日、開かれた。出国者が主な検査対象で、最短3時間で陰性証明書を発行でき、利便性向上が期待される。

 運用開始を前に報道関係者に公開されたPCR検査センターの機器=28日午前、中部空港

 センターは、藤田医大病院などを運営する藤田学園(同県豊明市)と空港運営会社、県が連携して運用。県航空空港課によると、鼻の奥の粘膜を採取する方法で、1日最大100人ほどを検査できる。事前予約制で、午前9時から午後5時まで。検査料は証明書発行料込みで3万8500円。(共同通信)