【ブリュッセル共同】ロシア反体制派のナワリヌイ氏は27日、欧州連合(EU)欧州議会の外交委員会にオンラインで出席、来年9月に予定されるロシア下院選で反体制派の出馬が不正に妨げられるなら「選挙結果は決して承認されない」との姿勢をEUとして示すよう訴えた。同氏は今年8月、ロシアで猛毒の神経剤で襲撃されたとみられ、過去に国政選挙への立候補も阻まれている。

 ナワリヌイ氏(ロイター=共同)

 ナワリヌイ氏は、選挙不正や反体制派襲撃が起きるのは現政権維持で蓄財を続けたい者がいるからだと指摘。プーチン大統領に近い実業家がEU域内に保有する資産を凍結するなどの制裁を実施すれば大きな効果があると主張した。(共同通信)