【南城】「斎場御嶽(せーふぁうたき)」(市知念)を象徴する巨岩が形作る三角形のトンネル前に現在、木の柵が置かれて立ち入りが制限されている。新型コロナウイルスの影響による6月27日の臨時休業明けから人気エリアの「密」を避けるための措置だ。