県産業政策課は27日、波照間島の電力の全てを連続約100時間にわたって、風力由来の再生可能エネルギー(再エネ)で供給できたと発表した。今月10日~14日にかけ達成した。これまで島内の再エネ100%の連続供給は1~2時間程度だったが、今回は比較的電力需要が低い環境で、風の状況も良好だったことなどから大幅に伸びた。

波照間島の可倒式風力発電機

波照間島の実証事業で使用しているモーター発電機「MGセット」の設備(いずれも沖縄電力提供)

波照間島の可倒式風力発電による電力供給実験のイメージ図

波照間島の可倒式風力発電機 波照間島の実証事業で使用しているモーター発電機「MGセット」の設備(いずれも沖縄電力提供) 波照間島の可倒式風力発電による電力供給実験のイメージ図

 再エネを安定的かつ最大限導入することを目的とした一括交付金による「小規模離島における再生可能エネルギー最大導入事業」で、沖縄電力が受託して2016年度から実証を行ってきた。

 島内の可倒式風力発電2基で発電した電力の一部を駆動源とした「MGセット」と呼ばれる特殊なモーター発電機で発電する仕組みで、今月10日午前11時33分~14日午後3時49分までの100時間16分の記録を打ち立てた。これまでの主な再エネ100%の電力供給実績は18年11月27日の1時間45分、今年10月6日の2時間31分。

 MGセットは、再エネの余剰電力で充電した蓄電池を駆動源として稼働する。離島系統の主要電源であるディーゼル発電機と同様、周波数や電圧を安定的に維持する機能を有し、再エネの供給手段として期待されている。実際の電力系統に活用するのは日本で初めてという。

 県の離島関係資料(3月)によると、波照間島の人口は275世帯514人。今回の実証時の島内需要は約290キロワット~440キロワットで、冷房使用などが少なく、比較的電力需要が低い時期だった。