1947年制定の皇室典範を巡っては、国会審議で天皇の退位の是非も焦点となった。政府は二重権威による弊害や退位の強制が起きた歴史などから、認めれば地位が不安定になるとして否定的見解を示してきた。退位の...