中国への先端技術の流出懸念から研究機関でも管理の厳格化が求められる中、日本政府が掲げる「グローバル化」の旗印の下で学生・学術交流協定の拡充を進めてきた大学は板挟みとなっている。