自民党の岸田文雄前政調会長や石破茂元幹事長ら「ポスト菅」候補として名前が挙がっている7人の収入を示す2019年分の政治資金収支報告書が30日、公開された。岸田氏が1億8188万円で首位となった。2位は茂木敏充外相の1億4207万円。小泉進次郎環境相が1億3638万円で続いた。

 全体の収入4位は加藤勝信官房長官で、1億1456万円。女性初の首相を目指す野田聖子幹事長代行は1億9万円で5位だった。

 6位は、8311万円の石破氏。18年に比べて3072万円の減額。7位の河野太郎行政改革担当相は7982万円。

 政治資金規正法の「国会議員関係政治団体」を集計した。(共同通信)