[OKINAWA Startup Program] 

オキナワ・スタートアップ・プログラムの採択企業

 競争力のあるベンチャー企業の育成を目指す「オキナワ・スタートアップ・プログラム(OSP)」は30日、2020年度の支援企業10社を採択した。

 企業が宿泊費を月額で支払うと社員が自由に利用できるワーケーションサービスや、帰国した観光客の遺失拾得物の返還手続き代行サービスなどのビジネスプランを提案している。

 OSPは、斬新なビジネスモデルで事業を急拡大させる「スタートアップ」と呼ばれるベンチャー企業の創出を目指し、教育プログラムや資金調達を通して幅広く支援する。来年2月27日に、採択企業のビジネスプラン発表会「デモデイ」を開く予定。

 OSPは、沖縄タイムス社、琉球銀行、沖縄セルラー電話、沖縄電力、日本トランスオーシャン航空、大同火災海上保険、JTB沖縄、琉球放送の県内8社が主催している。