菅義偉首相が所信表明で「真正面から取り組む」と語った少子化対策。だが、この制度変更は子育て支援の充実に逆行し、それこそ「平仄(ひょうそく)」、つじつまが合わないのではないか▼政府が検討する児童手当の縮小だ。中学生以下の子どもがいる世帯の年収の判定基準を「収入の多い方」から「夫婦の合計」に変更。