第58回(2020年度)沖縄タイムス教育賞の推薦を受け付けます。対象は県内の教育界で優れた研究や実践を続け、特に成果を挙げている教職員個人および団体、学校のほか、教育に貢献している個人、グループ・団体です。地域社会にも好影響を与え、学校外で教育環境の充実に特に成果を挙げている個人・団体の応募を受け付けます。

▽選考内容

【学校教育部門】(1)学校経営(2)学年ならびに学級経営(3)教科・総合的な学習の研究と指導(4)道徳教育(5)特別活動(6)特別支援教育(7)図書館教育(8)保健・安全・食育教育(9)生徒指導・進路指導(10)幼児教育(11)へき地教育(12)その他学校教育の向上

【社会教育部門】(1)子ども支援(2)PTA活動(3)青少年教育(4)その他・地域社会教育の向上

▽推薦者 県教育長、各教育事務所長、市町村教育長、校長、園長、PTA会長、その他選考委員長が認めた者

▽推薦締め切り 推薦者から第1次選考者(各教育事務所など)への資料提出は2021年1月15日(金)

▽選考の目安 提出された書類・教材等を基に、主に次の基準を目安として総合的に判定いたします。(1)候補者の実践・研究歴および、その継続性(2)独創性・日ごろの実践活動の中で、絶えず創意工夫している姿が見えるか(3)研究活動の貢献度・児童生徒や他の教師のほか地域社会に及ぼす影響・貢献度(4)児童生徒との関わり・児童生徒・地域社会の指導に心血を注いでいる姿が見えるか(5)父母や地域社会との連携・実践研究が父母や地域社会にまで浸透し、教師、児童、地域との連携が取れているか

▽問い合わせ 沖縄タイムス社読者局文化事業本部、電話098(860)3588(平日午前10時~午後5時)。

※選考要項など関係資料は、こちらからダウンロードできます。

▽選考委員(順不同、敬称略)比嘉敏幸(沖縄タイムス社取締役)=委員長、上間陽子(琉球大学教育学研究科教授)冨里一公(県高等学校長協会会長)山里望(県中学校長会会長)與古田思信(県小学校長会会長)佐賀裕敏(県教職員組合委員長)仲宗根司(県高等学校障害児学校教職員組合委員長)目取真康司(県教育庁義務教育課長)