【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は11月30日、エチオピアのアビー首相と電話会談し、同国の連邦政府軍と北部ティグレ州政府を率いるティグレ人民解放戦線(TPLF)の紛争を巡り、戦闘行為を完全停止し、問題解決に向けた対話を開始するよう求めた。国務省が発表した。

 エチオピアのアビー首相=11月30日、アディスアベバ(ロイター=共同)

 アビー氏は28日、連邦政府軍によるティグレ州の州都メケレの制圧と同州に対する軍事作戦の完了を表明。ただ、同州大統領は戦闘継続の意向を示しており、戦闘が続く可能性がある。

 ポンペオ氏は電話会談で、戦闘行為や紛争の継続への「重大な懸念」を示した。(共同通信)