鹿児島県日置市の民家で2018年、親族ら5人を殺害したとして殺人と死体遺棄の罪に問われた無職岩倉知広被告(41)の裁判員裁判論告求刑公判が1日、鹿児島地裁で開かれ、検察側は「社会を震撼させた重大、凶悪な事案だ」として、死刑を求刑した。

 岩倉知広被告

 最大の争点は刑事責任能力の程度。弁護側は、被告が事件当時、妄想性障害による心神耗弱状態で、責任能力が低下していたと主張している。

 検察側は論告で「無抵抗の者にとどめを刺し、抵抗する者に執拗に暴行した。犯行態様は残虐でむごたらしい」と述べた。また「自分の意思で判断していた」と指摘し、責任能力に問題はなかったとした。(共同通信)