北海道函館市で1日、観光名所赤レンガ倉庫近くの海上に設置された高さ約20メートルの巨大クリスマスツリーが点灯し、市内は一足早くクリスマスの装いとなった。新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念されたが、予定通り設置された。観光客が多い例年とは違い、地元客の姿が目立った。

 「はこだてクリスマスファンタジー」が始まり、観光名所赤レンガ倉庫前の海上で明かりがともった巨大ツリー=1日夜、北海道函館市

 午後6時ごろ、雪が舞う中、台船上のツリーの発光ダイオード(LED)約15万個が輝いた。同時に花火が打ち上がり、見物客から歓声が上がった。25日まで毎日夕方から点灯する。

 市内の会社員(30)は「コロナでイベントがたくさんなくなる中、いつも通りやってくれてすごくうれしい」と笑顔だった。(共同通信)