「独り」をつないで ひきこもりの像

「もう治せない。人生終わったな」絶望を救ったのは訪問診療 散歩できて進歩を実感

2020年12月2日 11:20有料

[「独り」をつないで ひきこもりの像](29) 第3部「支援、その先に」精神科の役割(下) 心身の不調が悪化し、ほとんど自宅を出られなくなって2年が過ぎていた。2017年、本島に住むハナコさん(29)=仮名=は、それでも何とか通院していた心療内科にも通えなくなり、診療中断を告げられた。「もう駄目だ」。

ご意見をお寄せください

ひきこもり当事者や家族、支援に関わる方々の幅広いご意見や情報、疑問をお寄せください。こちらの入力フォームからアクセスするか、郵送は郵便番号900-8678、那覇市久茂地2の2の2「沖縄タイムス編集局社会部」宛て。ファクスは098(860)3483。

連載・コラム