【ワシントン共同】バイデン次期米大統領は1日、東部デラウェア州で記者会見し、新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた企業や個人を支援する追加の経済対策実施を急ぐ考えを表明した。次期財務長官に指名が決まった前連邦準備制度理事会(FRB)議長のイエレン氏も同席し、景気後退による「米国の悲劇」を巡り「緊急に対応しなければ、より多くの荒廃を引き起こす」との危機感を強調した。

 記者会見するバイデン次期米大統領(左)と次期財務長官に指名が決まったイエレン氏=1日、米デラウェア州(AP=共同)

 次期財務長官として話すイエレン氏=1日、米デラウェア州(ロイター=共同)

 記者会見するバイデン次期米大統領(左)と次期財務長官に指名が決まったイエレン氏=1日、米デラウェア州(AP=共同)  次期財務長官として話すイエレン氏=1日、米デラウェア州(ロイター=共同)

 バイデン氏は次期政権の経済政策の方針として「雇用を創出して所得を向上させ、薬価を下げ、経済全体で人種の公平性を進める。この国の中心である中産階級を復活させる」と述べた。(共同通信)