関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の耐震性を巡り、安全審査基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は誤りだとして、福井など11府県の住民ら約130人が国に対し、原子炉設置変更許可の取り消しを求めた訴訟で大阪地裁(森鍵一裁判長)は4日、判決を言い渡す。

 関西電力大飯原発の3号機(右)と4号機=福井県おおい町

 大飯3、4号機は現在定期検査で停止中だが、住民側が勝訴し確定した場合、より厳格な耐震基準で工事をやり直し、改めて許可を得るまで稼働できない可能性がある。規制委の新規制基準下で許可を受け再稼働した他の原発に影響も。

 主な争点は、関電が算出した耐震設計の評価を基に、設置変更を許可した規制委の判断だ。(共同通信)