沖縄県内11市の中で最も少ない女性管理職の割合を増やそうと、豊見城市は11月18日、男女共同参画職員研修を行った。20~50代の職員22人が参加。