国内で治療法が確立されていない希少な腹膜悪性中皮腫と診断された沖縄県中城村の小学4年生、金城楓空(ふうあ)さんを支援する「ふうあの会」は1日、楓空さんが11月27日に都内の病院から退院したと公式フェイスブックで発表した。同会によると、次の治療方針が決まるまでの対応。方針が固まり次第、再入院する予定。

金城楓空さん(「ふうあの会」提供)

 楓空さんは10月22日に10時間に及ぶ外科手術と、温めた抗がん剤で患部を治療する温熱化学療法などを受けた。現在、母親と都内の宿泊施設に滞在し、通院治療を続けている。

 同会は「病院スタッフの懸命な治療で病状は安定し食欲も回復、このたび退院の運びとなりました」とし「全国から寄付をくださった皆さまや応援メッセージなど温かい励ましに支えられた」と感謝した。

 同会によると楓空さんの医療費への寄付は1日午後5時現在、5619万5137円が寄せられている。