県議会(赤嶺昇議長)は2日の11月定例会本会議で、新型コロナウイルス感染症対策を中心とした総額147億893万円の2020年度一般会計補正予算案を全会一致で可決した。8次補正となり、補正後の歳入歳出予算額は8924億3480万円で、年度総額は最大規模を更新。