京都市東山区の世界遺産・清水寺で、国宝・本堂の檜皮屋根のふき替えと「清水の舞台」の床板の張り替え工事が完了し、3日に奉告法要が行われた。

 本堂の檜皮屋根のふき替えと床板の張り替え工事が完了した清水寺の本堂=3日午前、京都市

 2017年に本堂を素屋根で覆った上で、約半世紀ぶりに約2050平方メートルの屋根を全面的にふき替え。岐阜や岡山などの檜皮を用いて今年2月に終えた。床板の張り替えでは、計166枚の木曽ヒノキの板を使って、高欄には吉野ヒノキを用いた。

 いずれの工事も本堂と重要文化財8棟の大修理の一環で、総事業費は約40億円。(共同通信)