[2020 オンラインでまるごと久米島]

 沖縄タイムスふるさと元気応援企画第26弾「2020オンラインでまるごと久米島」(主催・沖縄タイムス社、久米島商工会、久米島町)が4~6日、沖縄タイムスホームページ内の特設サイトで開かれる。車エビや久米島みそ、化粧品など18事業者が出店する特産品販売のほか、民俗芸能や現代版組踊「笠末若茶良(がさしわかちゃら)」の動画配信もある。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、タイムスビルで毎年開催の「久米島フェア」の代わりにオンラインで島の魅力を伝える。特設サイトは4日午前0時から見られる。電話やファクスの購入申し込みは各事業者の営業時間に準じる。

 久米島の久米仙は工場で熟成したビンテージ泡盛や希少なイムゲー、熟成年数の違う泡盛の飲み比べセットなどを販売する。島袋淳也常務は「紅芋の風味と黒糖のミネラル感が楽しめるイムゲーなど、いろいろな泡盛を飲み比べて楽しんでほしい」と呼び掛けた。