自民党の石原伸晃元環境相ら有志議員は3日、脱炭素と経済成長の両立実現を目指す議員連盟を設立した。再生可能資源の活用推進に向けた法改正の在り方などを議論し、政府や党への提言を図る。菅義偉首相は看板政策の一つに2050年の温室効果ガス排出ゼロを掲げており、議連として後押しする方針だ。