北海道の奥尻島で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、奥尻町は4日までに、町民に対して不要不急の外出を自粛するよう要請した。新型コロナ特措法に基づく都道府県知事の要請とは異なる町独自のもので、期間は3~16日。

 同町では、二つのクラスター(感染者集団)が発生するなど、3日までに約2500人の町民のうち37人の感染が確認された。町の担当者は「島内では患者の治療ができず、移送しなければならないが、しけで船の欠航が多くなるので、外出自粛要請などできることをしなければならない」と話した。(共同通信)