那覇空港を4日午前11時半ごろに出発した東京行きの日本航空(JAL)904便が正午ごろ、左エンジンを損傷、那覇空港に引き返し午後0時25分ごろ、第2滑走路に緊急着陸した。JALによると、乗客178人、乗務員11人にけが人はいないという。午後1時現在、機体は駐機場にけん引されている。

那覇空港に引き返したJAL機。トラブルがあった左エンジン

那覇空港に引き返した日本航空904便の機内(乗客提供)

機内のモニターによると、飛行機は、左に旋回して那覇空港へ戻る様子が確認された(乗客提供)

那覇空港に着陸直後の機内の様子=午後0時半

那覇空港に引き返したJAL機。トラブルがあった左エンジン 那覇空港に引き返した日本航空904便の機内(乗客提供) 機内のモニターによると、飛行機は、左に旋回して那覇空港へ戻る様子が確認された(乗客提供) 那覇空港に着陸直後の機内の様子=午後0時半

 那覇空港事務所によると同機は那覇空港から北向き約90キロの海上を飛行していた。

 乗客によると、離陸から20分後に機体左側から強い衝撃音が発生、その後機体が大きく揺れたという。

 機長から「左側のエンジン損傷が確認され、この飛行機は現在、右側エンジンだけで飛行している。ご心配をおかけして申し訳ない。私たちはこのようなときのために訓練している。乗客のみなさんは、席に座ったまま落ち着いてください」との内容のアナウンスがあった。