【東京】社民党の照屋寛徳衆院議員が4日までに、党に残る方針を固めた。社民党本部は立憲民主党への合流と党に残ることの双方を容認する方針を示しており、吉田忠智幹事長と吉川元副党首は社民を離党した後、立民に合流する意向をかためている。福島瑞穂党首は党に残る。