共同通信 ニュース

女子選手の産休制度を承認 FIFAが新規定

2020年12月5日 10:16

 【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は4日に開いた理事会で、女子選手が妊娠や出産によって不利益を被らないための労働条件の最低基準を承認した。新規定では最低14週間は報酬の3分の2を受け取れる制度が設けられた。

 所属クラブは産休明けの選手をチームに復帰させ、医療面のサポートなどを提供することが義務づけられる。登録期間外であっても産休を取得した選手の復帰や、一時的に代わりの選手を登録することが認められる。選手が希望すれば、妊娠中に所属クラブで別の職種で働けるようにする指針も盛り込まれた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム