日本航空(JAL)904便の左エンジンが破損し那覇空港に緊急着陸した事故で、国の運輸安全委員会は5日、航空事故調査官3人を同空港に派遣し、機体の状況などを調べた。調査では、飛行中に停止した左側エンジンの損傷のほか、胴体の左後方と左側水平尾翼に損傷が見つかった。調査官は6日以降も調査を進める方針。

損傷した左側エンジンを調べる運輸安全委員会の航空事故調査官=5日午後、那覇空港

 事故は4日に発生。調査官らは5日、機体やエンジンを目視で調査したほか、飛行記録装置や音声記録装置を回収した。

 日下順詞調査官によると、左側エンジンの「ファンブレード」と呼ばれる羽根の一部が損傷。機体については、胴体の左後方に引っかいたような長さ30センチほどの傷があったほか、水平尾翼の前縁部に何かがぶつかったような30センチほどの大きさの傷が見つかった。

 機体の損傷については破損したエンジン部品が機体に接触した可能性があり、今後調査を進めるという。またバードストライクについては「現在そうした痕跡はない」と、可能性は低いと指摘した。

 調査官らは6日以降も内視鏡によるエンジン内部の調査や各種記録の解析、操縦士からの聞き取り調査などを行う。