2020年度に期限を迎える赤字国債の発行に必要な特例法について、政府が21年度から5年間延長する方針を固めたことが5日、分かった。赤字国債を発行しないと予算編成は事実上できないため、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中で安定した財政運営を確保するには、複数年の延長が必要だと判断した。