【ウーメラ(オーストラリア南部)共同】宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が投下したカプセルは6日未明、地球の大気圏に突入し、約30分後の同日午前4時24分(日本時間午前2時54分)、オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠に計画通り着地、回収された。初代「はやぶさ」に続く快挙。打ち上げから約6年間に当たる2195日で52億4千万キロを飛行した探査は完了した。

 オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠で回収されるはやぶさ2のカプセル=6日(JAXA提供)

 6日未明、オーストラリア南部クーバーペディの上空で観測された、大気圏に突入した「はやぶさ2」のカプセルの火球(共同)

 オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠で回収されるはやぶさ2のカプセル=6日(JAXA提供)  6日未明、オーストラリア南部クーバーペディの上空で観測された、大気圏に突入した「はやぶさ2」のカプセルの火球(共同)

 小惑星りゅうぐうの石が入るとみられるカプセルは大気圏で燃え、オーストラリア南部クーバーペディなどでは夜空を走る赤っぽい閃光のような火球として目視された。(共同通信)