首里城 象徴になるまで

「君は何もしないのか、と戦没者に言われた気がして」旧日本軍司令部壕の保存を求めて立候補

2020年12月7日 09:28有料

[首里城 象徴になるまで](42) 第4部 1年後の一歩 第32軍司令部壕 「初めから、当選は考えていなかった」。琉球大学名誉教授の弁護士、垣花豊順さん(87)=那覇市首里久場川町=は、6月投開票の県議選に出ると決めた時を振り返る。告示3日前、ぎりぎりの決断。

連載・コラム
記事を検索