那覇発羽田行きの日本航空(JAL)904便がエンジン損傷で緊急着陸した重大インシデントで、エンジン内部でも損傷が見つかったことが7日、分かった。内視鏡で調べた国の運輸安全委員会の航空事故調査官が明らかにした。調査官によると、外部が損壊したことによる2次的被害とみられる。