総合建設業の福地組(嘉手納町、福地裕吉社長)は4日、沖縄県内初の住宅工法で建築した木造住宅「ココウチ」のモデルハウスのお披露目式を、読谷村内で開いた。同社初の宿泊体験型のモデルハウスで、基礎から屋根まで家全体を発泡プラスチック断熱材で覆う「外断熱」や、壁の中などに設けた二重の通気層などが特徴。