沖縄タイムス+プラス ニュース

<米軍ヘリパッド>不適切発言と工事の関係は否定 稲田防衛相

2016年10月21日 10:51

 【東京】米軍北部訓練場ヘリパッド建設工事の警備に当たるため、大阪府警から派遣された機動隊員が不適切な発言をしたことについて、稲田朋美防衛相は21日の会見で「大変不適切かつ残念な発言」としつつ、工事との関係は否定し「負担軽減」のため着実に進める考えを改めて示した。

稲田朋美防衛相

 米軍普天間飛行場の返還問題について、公明党の一部からキャンプ・シュワブかハンセンのいずれかにヘリパッドを建設する案が出ていることについては「詳細を承知していないので、答えることは困難」と述べた。その上で「新たな案になれば、その検討だけで相当な月日を費やす。一日も早く普天間飛行場の危険性を除去することが原点なので、辺野古への移設が唯一の選択肢であるという政府の考え方に変わりない」と従来通りの見解を説明した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS