沖縄電力が2050年までに二酸化炭素(CO2)排出ゼロを実現する工程を打ち出したのは、電源を化石燃料に頼ってきた沖縄の電力会社として「社会的責任」を果たす必要に迫られたからだ。地球温暖化対策が喫緊の課題となる中、CO2削減は避けて通れないテーマ。世論に背中を押される格好で踏み込んだ決断を下した。