航空機のパイロットは、緊急事態へ冷静に対処する訓練を積んでいる。1985年の日航機墜落事故で、機長は最後の瞬間まで指示を出し続けた▼爆発音から墜落まで32分間。事故の調査報告書で、確認できた機長の指示は26回あった。